お知らせ

INFORMATION

Scroll

緑化の注意点


「緑化」を導入する際には注意しなければならないことがあります。
施工が始まってからトラブルにならないようにするためにも、注意点を知っておくことは大切です。


今回は「屋上緑化」「壁面緑化」「駐車場緑化」の注意点についてお伝えいたします。

屋上緑化の注意点


1.植える植物に注意
屋上は日差しが強く長時間日光が当たっていることが多いです。直射日光に弱い植物はすぐに枯れてしまいます。
また、乾燥した場所であるため、乾燥に強い植物を選ぶなどの配慮が必要です。
植物によっての特徴も異なるため、好みやお住まいの地域環境に合わせた植物を選ぶとよいでしょう。

2防水に注意
屋上に植えた植物に水を与える場合、屋上の防水処理が必須になります。防水処理の種類は、防水シート・塗膜防水・アスファルト防水などがあります。
例えば経年劣化などで防水シートが破れてしまった場合、建物内に雨漏りが発生してしまうこともあります。
緑化の施工を行った後は、簡単に修理や交換ができなくなるので、耐久性の高い防水処理を施すのがおすすめです。

3.メンテナンス
植物に水を与えることも必要になります。
状況に応じて自動で水を注いでくれる「潅水システム」を設置すると便利です。
また、雨水などを地上に流す排水口が、大雨や落ち葉で詰まってしまうと、雨漏りの原因となったり植物の生育にも悪影響となります。
建物への影響や植物の生育不良を防ぐためにも、排水口周りの対策をしっかり行うことが大切です。

4風に注意
屋上は地上に比べ風が強くなるため、風にも注意が必要です。
風の強さに注意しなければ、植えた木が倒れたり、緑化の設備が飛散したり落下することで思わぬ事故につながる可能性も。
建物が受ける風の強さは「風荷重」と呼ばれ、建築基準法に風荷重の規定があるため、設計の際に考慮する必要があります。

5重さに注意
屋上緑化の場合、建物構造によって屋上に載せられる重さに制限があります。
土壌や植栽、排水システムを設置する事で屋上に重さが加わります。
事前に可能な荷重量の確認をし、建物に負担がかからない範囲内で緑化を行いましょう。
重さへの対策として、屋上緑化に使用する土は、軽量化された有機質混合の人工軽量土壌を使用することが一般的なようです。

6根っこに注意
屋上緑化で樹木を植える場合、根が伸びて防水層に入ってしまい、防水層の破損や雨漏りにつながってしまうことがあります。
竹類などの根の強い植物を避けたり、防根シートを防水層の上に貼るなどの対策が必要です。


壁面緑化の注意点


1.植える植物に注意
壁面に適した植物を選ぶ必要があります。
緑化を行う場所の気候や、壁面の日当たりの方角なども生育に関わります。
植物の枯れる時期によって、壁面緑化のデザインがかわることがあります。

高さがある壁面の場合は、手の届かない部分のメンテナンスについても検討しておく必要があります。
ヘデラ、カロライナジャスミンなどのつる植物は、比較的維持管理がおこないやすく人気です。

2.成長速度に注意
つる植物を壁面につたわせる方法がありますが、植物が生育するまでにある程度の時間がかかります。
施工前に植物が生育するまでの期間を考慮して、緑化の計画を立てることが必要です。

3壁の素材に注意
壁面の素材や状態が、緑化を施して問題ないものかを事前に確認する必要があります。
緑化を施す金網などの器具を取り付け可能かどうか、またそれらの重さに耐えられるのか、調査をしておく必要があります。

4維持費に注意
使用する植物の種類によっては、毎年植え替えや補植をおこなう必要があるものも。
植栽基盤取付タイプの壁面緑化は、毎年植え替えや補色が必要となるため、メンテナンスの費用がかかります。
植物の維持管理費用がかかることも念頭に置いておきましょう。

駐車場緑化の注意点


1安全に配慮が必要
駐車場を利用する人にとっても安全であるように注意が必要です。
車の運転及び駐車に邪魔にならないよう植栽をしたり、駐車場の出入り口は、見通しの確保をすることが大切です。
また、駐車場の利用状況や、車いすなどの利用者によってはコンクリートの駐車場が適している場合もあります。
バリアフリーや歩きやすさなどを検討し、利用者が使いやすい緑化のデザインで駐車場を設計する必要があります。


2成長速度や傷みに注意
緑化をおこなってから植物が根付くまで、ある程度の時間が必要です。
壁面緑化や屋上緑化と違い、駐車場緑化には施工する場所に車や人の出入りがあります。
車の下は日照が少ないことや、人や車による踏圧、エンジンの排熱などで 植物への物理的な影響は少なくありません。
車のタイヤや人の踏圧から芝生などの植物を保護するアイテムを設置するのもおすすめです。

環境によっては人工芝を検討するのもよいでしょう。

まとめ

屋上緑化、壁面緑化、駐車場緑化設、緑化の方法によっても注意点も変わります。

植物選びやメンテナンスなどを知ることで、思わぬトラブルを未然に防ぐことができます。
美しい景観で緑化を効果的に行うために、緑化を検討される際には、緑化の専門の業者等に相談をして、計画的に進められることがおすすめです。

弊社でも、緑化に関するご相談を承っております。
お気軽にご相談ください。